オフィスアート

EY Japan フェーズ01

世界4代会計事務所・総合コンサルティングファーム であるEY Japanは2018年に東京ミッドタウン日比谷に新東京オフィスを開設。TokyoDexはオフィス全体のアートのディレクションを担い、Jay Shogo、柏原晋平、Mariya Suzukiの3名の素晴らしいアーティストともにアート制作をしました。 Jay Shogoによる日本の無形文化財を現代的に表現したラインアート、柏原晋平によってレセプションに描かれた絢爛な華々による世界地図は、日本らしさを表現しつつ、モダンなオフィスと完璧に調和しています。 そして、Mariya Suzukiによってメインカフェテリア描かれた12mにも及ぶ巨大なビジョンウォールは、"Building a better working world”というEYのバリューを社員参加型のワークショップで出たアイデアを反映させたものとなりました。部署や専門の枠をこえた多様な社員が集う場に、このビジョンウォールがあることで、社員は常に企業の価値観を分かち合うことが出来ます。 本プロジェクトは、21壁面・61柱にアートを施す、類を見ない大規模なオフィスアートプロジェクトとなりました。

場所

東京ミッドタウン日比谷

時期

2018年11月

アーティスト

Jay Shogo, 柏原晋平, Mariya Suzuki