ウォールアート

日独交流 160周年

ドイツ連邦共和国大使館とTokyoDexは共に、日独交流160周年を記念したウォールアートを公開しました。これは、TokyoDexのキュレーションのもと、大阪を拠点とするアーティストユニットWHOLE9が大使館の外壁に、両国の先駆者たちの巨大肖像、そして日独関係の長い歴史を象徴する出来事を入念なタッチで描いたものです。

これまでの長きにわたる交流をたたえる為、ドイツ大使館はTokyoDexに依頼し、日独関係に大きな貢献を果たした先人たちと両国の歴史を振り返える作品が制作されることとなりました。TokyoDexのキュレーションのもと、全長80メートルあるドイツ大使館の外壁にウォールアートが施されるのはこれで3回目となり、今回の日独交流160周年を記念したウォールアートは過去最大規模の取り組みとなります。

ウォールアートは年内まで展示されていますので、お近くに来られた際にはぜひご覧ください。

場所

ドイツ連邦共和国大使館

時期

2021年1月

アーティスト

Whole9