ウォールアート

廃棄塗料を使用「参加型ウォールアート」

TokyoDexは塗装会社ヌリーズ株式会社と共同で、アップサイクル塗料(廃棄塗料)を再利用し、アート制作を行うという取り組みを行っています。今回は西八王子渡ビルの外壁を使用し、オーナーの「みんなのチャレンジの場になってほしい」との想いを形にしました。アーティストの田中紳次郎が多彩な線を用いて、人と人との繋がりや魂の開放を表現しました。

まちづくりの一環でもあるこの取り組みは、地域事業者によるフードトラック出店や、クラフトワークショップなどのイベントが制作場所で企画され、当日は壁画制作の一部を参加型にしたことで、お子様から大人まで地域の多くの方々にアートに触れ合い、楽しんで頂きました。

場所

西八王子散田町渡ビル

時期

2021年12月

​アーティスト

田中紳次郎