フロンティアコンサルティング オンラインワークショップ

2020年9月、丸善雄松堂の社員が集まり、オンラインワークショップが開催されました。本ワークショップは、コロナの影響により、テレワークが進み、社員同士が対面する機会が減る中で、社員間のコミュニケーションを活性化するべく、改めて「コミュニケーション」とは何かを考える場として設計されました。

ワークショップ内のディスカッションで交わされたのは、コミュニケーションについて「相手を理解しようという思いやり」「自己と他者の融合」「言葉や言葉以外でお互いをつなぐための手段」など多種多様な意見。話し合いによって膨らんだコミュニケーションのイメージを参加者がスケッチとして表現し、そのスケッチをアーティストとアートディレクターが発展させ、本作品が生まれました。

完成した作品はオンライン会議のバックスクリーンとして用いられています。ワークショップを通して生み出されたアート作品を見る度に、話し合いを思い出し、オフィスから離れていても常に組織のビジョンを感じることができるでしょう。

場所

時期

2021年2月

アーティスト

MAHARO