オフィスアート

グリー株式会社

グリーの新オフィスの4階から9階の100面以上に渡り、18名アーティストのキュレーションとディレクションを担当しました。全体テーマである「Subcultural Retreat with a Kick」をもとに、TokyoDexは各フロアのコンセプト立案やアーティストチームの編成を行いました。

多様なサブカルチャーが共演するこの新オフィスは、働く社員の創造性や新しい発想を加速させるようにデザインされています。日本のストリートアートで活躍するベテランから新進気鋭の若手まで様々なアーティストが参加し、気品と洗練された雰囲気、そして若く溌剌としたエネルギーが融合され、唯一無二のコラボレーションを実現しています。

TokyoDexは、アーティストと約6週間以上現場に滞在しながら壁画制作を行うと同時に、事前に制作していたガラスフィルムアートやキャンバスと組み合わせることで、総合的な空間デザインを作り上げました。その結果、グリーのパイオニア精神を体現するオフィスアート作品が完成しました。

場所

六本木ヒルズゲートタワー

時期

2022年3月

​アーティスト

konirow、KOMESENNIN9、Kureino、Shinichiro Inui、Ore ore ore、WAIF ONE、Kensuke Takahashi、Gaako、XOLA (Shora Kato)、Yusei Sagawa、Cyber Okan(Akiko Tanago)、Dilara Özden、KAREZMAD、Tadaomi Shibuya、Harawata Chunko、Samehoshi、Yurie Sekiya、STONE63